2012年12月19日

面白い記事を発掘中

初めましてsatoです。

建築知識700号特別企画も、いよいよ編集作業!といった段階です。
通巻700号というように建築知識が築き上げてきた歴史はすごいもので、
バックナンバーを見てみると貴重な記事がちらほら。

今日は建築知識創刊号(1959年1月号)の特集の記事を少しだけご紹介します。

特集内容は「今日のすまいと暮し」というもの。
現在は実務者向けの建築知識も
創刊当時は一般の方も読者層に含まれていたのでとても身近なテーマです。

さて、その記念すべき1ページ目を飾った記事は、
林雅子さん設計の『傾斜地に建つ家』を林昌二さんが解説したもの。

kc195901_hayashi.JPG

有名な建築家であり、夫婦でもあるお二人が創刊号の誌面上で
共演するという微笑ましくもあり、なんとも贅沢な記事です。
当時まだ30歳のお二人…記事の端々に初々しさが漂っているかもしれません。

このように有名な建築家の若かりし頃の記事や面白い記事を
建築知識のバックナンバーから発掘し、
企画に絡めてご紹介していきたいと思います。
乞うご期待!


posted by xkblogstaff at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

飯塚五郎蔵先生を探(×捜)してます

どうもgentaです
建築知識700号特別企画
「建築知識版 日本の住宅を変えた50人+α」
着々と進行中です

特別企画は
戦後日本の住宅史についてですが、
ポイントは「建築知識版」という点です
タイトルからして既に、
責任回避の逃げ道が準備されてます(笑)

でも、誌名を冠するだけあって
しっかり過去の建築知識も調べてます

写真 (1).JPG

注目したのは、
1963年1月号の建築知識掲載の特集
「読者が選ぶ作家と作品C 飯塚五郎蔵と新材料」

飯塚五郎蔵って誰だ?

と思うでしょう?
でも、当時の企画では
清家さんと池辺さんといった
有名建築家の方と同様の扱い

ちなみに当時の企画のラインナップは
「読者が選ぶ作家と作品」
@回・吉田五十八さん
A回・清家清さん
B回・池辺陽さん
C回・飯塚五郎蔵さん
といった具合です

調べてみると
当時、横浜国立大の教授をされていた方でした
集成材についての先駆者だったようです
著作なんかもあります。

でも、資料がないんです

いや著作はあるんですが、
飯塚先生個人がどんな方だったか知る資料がないんです

・・・気になる

という訳で
どなたか飯塚先生をご存じの方、いませんか?
posted by xkblogstaff at 21:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

hope&homeの打ち上げ

編集部のakiです。よろしくお願いします。
先日、hope&homeの打ち上げに行ってきました。
hope&homeとは住宅雑誌8誌による復興応援プロジェクトで、
今回は、10月25日〜11月6日に開催したイベントの打ち上げです。

仕事のため、途中までの参加となりましたが、
各誌の編集長はじめ、編集者の大先輩方とお話できて、
とても勉強になりました。

料理もおいしかったです。
(↓は最後に出てきたティラミスらしきもの…)
画像 003.jpg
posted by xkblogstaff at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。